はんこ豆事典

はんこの保管-はんこ豆事典

はんこの保管

銀行印と預金通帳を同じ場所に保管しないことと同様に、実印と印鑑登録証及び、不動産の権利書を一緒に保管しないことが犯罪被害から身を守るために最低限やっておかなければならないことの一つです。

印鑑登録証があれば、役所にて申請書に氏名、住所、生年月日、世帯主氏名を記入するだけで他人でも印鑑証明書の発行を受けることができます。万一、一緒に盗まれでもした場合、銀行預金を根こそぎおろされたり、家屋敷を勝手に売り払われたりしないとも限りません。

ハンコや権利書、預金通帳などは同じ場所ではなく、別々の場所に保管しておくということをふだんから十分心がけておくべきです。

それでも心配な方は

いくら巧妙に隠したつもりでも、家を長期間あける場合や火災などの不慮の事故など、やはり不安なものです。そこで、実印、印鑑登録証、権利書、重要書類などは銀行の貸し金庫に預けてしまうのが最も安全な方法といえます。利用料は銀行によってマチマチですが、ちなみに近所の某銀行では年間9,720円でした。

キャラクター