はんこ豆事典

ハンコと印鑑と印章の違いとは-はんこ豆事典

ハンコと印鑑と印章の違いとは

言葉というものは、その時代、時代で意味や呼び名が変わったりするものですが、実は印鑑もその一つです。本来の”印鑑”の意味とはハンコを押印した印影のことで、その印影の中でも実印や銀行印など、地方自治体や金融機関にあらかじめ提出している特定の印影を指して”印鑑”と言います。

よって名前が彫刻してあるだけのハンコは印鑑とは言わず、ハンコ(はんこ・判子)、はん、または一般的にあまり馴染みはありませんが、正しくは 印章いんしょうと言います。

ちなみに”はんこ”と”ハンコ”は全く同じ意味を持つ言葉で、ひらがなとカタカナの違いだけですが、当サイトでは”はんこ”の前後が”ひらがな”の場合に”ハンコ”と表記しています。

キャラクター