はんこ豆事典

実印とは-はんこ豆事典

実印とは

実印とは住民登録をしている市区町村の役所や役場に、ご自身の戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請し、受理された印鑑のことをいいます。

たとえ、実印のような形態をしていても、登録をしていないものは実印とはいいません。言い換えれば、105円で買ったものでも登録してしまえば、それが実印となるのです。

実印はハンコの中で、もっとも重要なハンコであり、法律上・社会上の権利・義務の発生を伴います。実印は唯一性を守るため銀行印、認印など他のハンコとの併用をさけ、認印のように家族共同で使うことのないようにし、捺印する場合も書類の内容をよく読んで慎重に扱うことが大切です。

実印は姓名を彫刻することとはなっていませんが、姓と名前の両方を彫刻する方が安全です。主に以下の用途に使用します。

  • 公正証書の作成・金銭その他貸借証書・契約書
  • 不動産取引き
  • 遺産相続
  • 法人の発起人となるとき
  • 官公庁での諸手続き・恩給・供託
  • 自動車や電話の取引き
  • 保険金や補償金の受領

三文判と実印

三文判とは、出来合いの安価なハンコをいいますが、現在では、はんこ屋、文房具店、ホームセンターをはじめ、中には100円切るような値段で手に入るようになりました。これらは大半が機械で量産された同型印です。

例えば“田中”という姓の三文判を違う2つのお店で購入したとしても同型の可能性がないわけではないのです。もしくは同じものを探し出すことも不可能ではないでしょう。

このようなハンコを実印として印鑑登録したり、大事な契約や金融機関への届出印として使用することは、危険この上もないことです。

はんこなんて、どうせ形式だから何でもよい、間に合いさえすればよいと思っている人がいますが、自分がそうだから他人様もそうだろうと思うのは大きな間違いで、自分のハンコを大事にする方は、その方のハンコを通じてお人柄を眺めているものです。

私もよく、他人様の捺印の場面に居合わせますが、枠が欠けたもの、上下逆さまに押してあるもの、印影が不鮮明なものなど、それだけでお人柄や人間性など判断できるものではありませんが、しかしながら“なんとなく”イメージとして残ってしまうものなのです。

この機会に現在お持ちのハンコをご確認いただけると幸いです。決してウン万円、ましてやウン十万円の高価なハンコが良いものとも当店では思いません。ご自身に“ふさわしいもの”をお選びいただき、末永くご愛用していただきたいと当店では考えています。

キャラクター